So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の味覚。 [僕の酒]

0919炭火で.JPG
”炭火”

 炭火で焼く秋の味覚と言えば、
 もちろん秋刀魚です。

 でも、新秋刀魚が手に入らなかったので、
 格安のサンマになってしまいました。<笑>
 とは言っても、サンマには変わりません。
 素材はともかく、炭で焼いたサンマは、格別の美味しさなのです。

 ついでに、こちらも格安の北海道産の生イワシも焼いてもらいました。
 人に焼いてもらって食べる。

 ちょっぴり、冷え込んできた所にお酒と一緒に頂く、
 あー、幸せです。

 なお、速攻で食べてしまったので、お魚の写真は、ありません。<("O")>
 ちなみにサンマとイワシをあわせても¥200弱というお値打ち価格でした。

 オーナー様、ご馳走様でした。
 感謝、感謝です。





nice!(1)  コメント(0) 

鮎。 [僕の酒]

1717鮎.JPG
”鮎5匹”

 海の日に川の話でなんなんですけど。
 解禁日から3週間が経過しました。
 毎週末、僕の周りの釣り人は、楽しそうな表情でおります。
 なによりですね。
 そして僕は、そんな恩恵を受けております。(僕はまったくやりませんけど)

 あらためて写真で見ていると、鮎にも個性があると言いますか、
 表情の違いといいますか・・・。

 今回は、自宅のグリルで塩焼きにしてみました。
 尾びれ、背びれがこげこげになってしまった前回の経験をいかして、
 身の部分よりもちょっとだけ多めに塩を振ってみてと。
 飾り塩(化粧塩)とまでは、格好よくいきませんけど。
 串を打ってないので泳いでいるような姿でもありませんけど。

 でもでも今回は、シッポ(尾びれ)も焼け残り、見た目もまあまあ、
 新鮮素材のおかげで、お味も美味しく頂きました。
 恥ずかしいので、焼き上がりの写真はありませんよ。<笑>
 川の恵みに感謝、友人に感謝です。





nice!(11)  コメント(3) 

その後。 [僕の酒]

0708鮎.JPG
”およばれ”

 まったく釣りのできない僕ですが、アユ解禁の釣果に預かりました。(^^)v
 今年の解禁日は、天候にも釣果にも恵まれたみたいです。
 そして、友人に感謝、感謝です。

 ここ数年は、年1回のお楽しみになっております。
 写真の通り、プロの仕事、美味しかったですよ。
 サイズ的にもちょうど良かったです。
 そして2匹ほど頂いてしまいました。




 今までのアユ食べ
 ■2016
 ■2015
 ■2014
 ■2010
 ■2009

nice!(4)  コメント(0) 

酒蔵開き。 [僕の酒]

0424勝どき1.JPG
”朝焼け”


0424勝どき2.JPG
”ちょっと左へ”

 東京は、勝どきへ、前日移動。
 ”第5回外房いすみ酒蔵開き”のためだったりするんですけど。
 しかも、待合せ場所とか不安だったので、主催者さんのお店へお邪魔して前夜呑み。
 軽くのつもりが・・・。





0424木戸泉1.JPG
”酒林”

 そして翌日、東京駅からバスで9:00に出発した瞬間から純米酒を呑み続け、
 現地へ到着した時は、既にほろ酔い気分。
 さらに蔵開きのイベントへなだれ込み、さらに呑み続け、
 お昼をもまともに食べず、つまみと酒。
 お酒がなくなったら、条件反射的に一升瓶をお買い上げしていたし。
 恐ろしい限りです。(しかも残ったお酒、忘れてきたかも?)
 そして、15:30イベント終了するも、帰りの渋滞にはまり、
 東京駅に着いたのは19:00近かったかも。
 途中の記憶が曖昧だったりしてます。<笑>
 久しぶりに呑んでしまいました。
 でもでも意外にも二日酔いなど、まったくなく
 翌日も快調でしたよ。( ̄ ̄ー ̄ ̄)V
 感謝、感謝です。



0424木戸泉2.JPG
”タンク 兼 黒板”


0424木戸泉3.JPG
”黒板”





nice!(2)  コメント(1) 

舘山寺。 [僕の酒]

0418舘山寺1.JPG
”手水舎”

 

0418舘山寺2.JPG
”おみくじ”



0418浜名湖1.jpg
”朝焼け”


0418浜名湖2.JPG
”部屋からは”


0418舘山寺3.JPG
”観覧車”

 今更ですけど、地名の通りの舘山寺ってあったんですね。
 朝、5:30から散歩してみました。





nice!(3)  コメント(0) 

春。 [僕の酒]

0409ふきのとう.JPG
”ふきのとう”

 旬のお味です。
 フキノトウと言いましても、お馴染みの土の中から出たばかりのではないのです。
 塔立ちといいますか、花が咲いている状態での茎の部分を戴くのです。
 キンピラフキノトウと言えば分かりやすい?
 ほろ苦さが和らぎ、僕にとっての春の味となっております。
 ここまで背が高くなったフキノトウは、まったくの様なしだと思ってましたけど、
 これが、美味しいんですよね。

 天麩羅も美味しいのですけど、僕には大人な味、ほろ苦さが良いとはいいますけど、
 やっぱり苦いものは苦いのですよ。<笑>
 あと何回、食べられかな。





nice!(4)  コメント(4) 

今年初。 [僕の酒]

0212あけおめ.JPG
”料理屋さんと”

 今年初めての外呑みでした。
 写真の”そら豆”美味しかったな。
 これだけで1時間以上呑んでいたし。(^^)v


 ブラック企業化してきている僕の勤務先、
 すっかり呑みの回数も激減しております。
 2月に入って1回目と言う事は、このペースで行くと、
 年間通しても2桁になるかどうかでしょうか。
 それまで僕の精神力と気力が持てばの話ですけど。

 1度限りの人生ですし、四半世紀以上お勤めしましたし、
 そろそろ2つ目のお仕事を考えてもいいのかな、
 なんて考える今日この頃なのです。
 でもお歳もお歳ですし、雇ってくれる所もないと思いますし、
 苦労してでも、自分で切り開くしかないんですよね。<涙>

 でも繊細で美味しい料理を頂きながら、美味しい純米酒を頂く。
 幸せで楽しい3時間でした。

 翌日からも嫌な嫌な会社だと分かっていても、
 こんな時間があると、”ほっ” とします。

 あらためて思います。
 ワークライフバランスがまったくな僕ですね。



nice!(3)  コメント(2) 

謹賀新年。 [僕の酒]

0103純米酒.JPG
”純米酒”


                         

新年、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

今年こそ、平穏無事な一年でありますように。

                         



 毎年、同じように平穏無事を願ってますけど、なかなか、その通りにならないんですよね。
 それでも僕は、お願いし続けてみます。

 写真を整理していたら、なんだか良い光景だったので、
 ”今年も美味しい純米酒をたくさん呑めますように”との願いとともに、
 こちらの画像にしてみました。


 年越しって言いますけど、帰省、してみましたけど、ぐうたらな、日々を過ごしてみましたけど、
 なぜか気持ちが上がらない。
 なぜなのでしょうか。
 ともあれ、限りある時間を無駄にせず、今年も頑張っていきたいですね。



nice!(10)  コメント(0) 

総括。 [僕の酒]

1229酒.JPG
”今年最後は”

 今年は、僕の会社のトップが急に代わったため、何かと精神的にきていた感じです。
 今もなんですけどね。<涙>
 なんだか体調も優れない日が続いております。
 暗い感じで書き出しましたが、気を取り直して総括です。

 僕の畑通いも2年目が終わろうとしています。
 畑が唯一の癒しとなり、なんとかなんとか。
 収穫量はといいますと、まずまず。
 大根が遅すぎたのは、反省ですかね。

 今年も僕が呑んだ イエノミ2016をまとめてみます。
 年々お酒の消費量が、少なくなっていますね。

 それでは、ちょっと早いですが、
 皆様、良いお年をお迎えください。

                                      
 純米酒の部(1升瓶)・・・計5本

    瑞冠 燗なら俺にまかせろ。たいぷこあ 27BY 60%(広島)
  磐城 壽 山廃仕込 純米大吟醸 25BY 45%(山形)
 ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹 生 27BY 55%(秋田)
   東北泉 純米しぼりたて 生酒 27BY 55%(山形)
  雪の茅舎 2003年 山廃純米隠し酒 60%(秋田)


 純米酒の部(4合瓶)・・・計7本

 三十六人衆 純米大吟醸酒 ひやおろし 生詰 27BY 55%(山形)
 三十六人衆 純米大吟醸酒 あらばしり 本生 27BY 50%(山形)
   山城屋 山田錦 純米吟醸 秋あがり 無濾過生詰酒 27BY 50%(新潟)
    紀土 純米吟醸酒 ひやおろし 27BY 55%(和歌山)
   星自慢 特別純米 無濾過生原酒 27BY 55%(福島)
 ゆきの美人 愛山麹 純米吟醸酒 ひやおろし 27BY 55%(秋田)
 ゆきの美人 活性にごり 純米吟醸酒 本生 27BY 55%(秋田)


                                      
 焼酎の部(1升瓶)・・・計2本

     芋 参分濾過 にごり 本格焼酎(鹿児島)
    純黒 薩摩乃薫 甕仕込 原酒37度 限定 本格焼酎(鹿児島)


                                      
 ウィスキーの部・・・計3本

    JAMESON 12年 IRISH WHISKY SPECIAL RESERVE 700ml(ジェムソン)
  BUSHMILLS 10年 SINGLE MALT IRISH WHISKY 700ml(ブッシュミルズ)
  LAPHROAIG 10年 ISLAY SINGLE MALT SCOTCH WHISKY 1000ml(ラフロイグ)


                 
 履歴
 2015
 2014
 2013
 2012
 2011(3.11への鎮魂と体調不良のため自粛)
 2010
 2009
                 


nice!(6)  コメント(3) 

鮎。 [僕の酒]

0919鮎.JPG
”飾り塩”

 料理人の技ですね。
 いい塩梅です。。

 何がかっていいますと、”鮎のひれ” がちゃんと残ってます。
 僕がガスレンジのグリルで焼くと、尾ひれが真っ黒、こげこげに。
 こげないように塩をつけすぎると、塩っぱいし。

 今年も親友の釣果に感謝、感謝です。
 なお、どうやら今年の鮎シーズンもほぼ終了だそうです。



nice!(4)  コメント(2) 

蕎麦。 [僕の酒]

0911長野駅.JPG
”長野駅”

 先月末は、久しぶりの長野でした。
 善光寺口がなんか、随分と雰囲気がかわってました。
 
 やっぱり長野は、涼しく快適でした。
 特に僕の住む街、浜松と比較するとですけど。
 暑いのは、苦手です。



0911信州畑のお造り.JPG
”信州畑のお造り”

 やっぱり、お仕事の後は手短に、お蕎麦屋さんでいっぱい。
 お刺身がなかったけど、畑のお刺身と言う事で、こちらをまず。
 それと、焼き味噌と卵焼き。
 お酒は、大信州(豊野)辛口特別純米酒、みやさか(諏訪)純米吟醸、
 もう一種類呑んだような・・・。


0911巴蕎麦1.JPG
”巴せいろ”

 ちょい多めで注文。
 つゆは、左から”ごま” ”とろろ” ”おろし” でした。
 欲張りメニューですよね。
 とっても美味しく戴きました。


0911巴蕎麦2.JPG




nice!(4)  コメント(0) 

久しぶりに。 [僕の酒]

0508純米酒.JPG
”純米酒”

 僕の冷蔵庫から純米酒が消えて数ヶ月が経過しました。
 やっぱり、違和感といいますか、不具合といいますか、ぎこちないといいますか。
 要するに”さみしい”と言う事で、お買い上げしました。

 写真、左から順にご紹介しますと、
 お燗(ぬる燗)にして呑む酒、山廃(古酒)、最近のお気に入りの酒、酒屋さんのおすすめの酒、
 という具合で4本まとめ買いです。

    瑞冠 燗なら俺にまかせろ。たいぷこあ 27BY 60%(広島)
  磐城 壽 山廃仕込 純米大吟醸 25BY 45%(山形)
 ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹 生 27BY 55%(秋田)
   東北泉 純米しぼりたて 生酒 27BY 55%(山形)


nice!(7)  コメント(2) 

念願の。 [僕の酒]

0505ニリンソウ2.JPG
”ニリンソウ”

 ここ数年、僕の中での春が来たと実感する花になっています。
 一面に広がるニリンソウ、こんな場所がずっと変わらずに残っていて欲しいですね。

 過去のニリンソウの写真です。
 ←2012 ←2014 ←2015 ←2016






0505クレソン.jpg
”クレソン水耕栽培、そして”

0505クレソンしゃぶしゃぶ.jpg
”クレソンしゃぶしゃぶ”

 クレソン、それなりに育ってきたので早速収穫。
 そして念願だった”クレソンしゃぶしゃぶ” をしてみました。

 美味しいと勝手に思い込んでいる浜松の豚を持参。
 クレソンをお鍋に投入、そして豚肉をしゃぶしゃぶ。
 ちょっとだけ、ポン酢につけて。
 「あー、美味しい」

 さらに豚をしゃぶしゃぶ。
 今度は、その豚で生クレソンをそのまま巻き巻きしてパクッ。
 「あー、こっちの方がクレソンの香りがしていいかも」

 「でも、この食べ方だと ”クレソンと豚しゃぶ”」

 ともあれ、さっぱり、すっきり食べられるのが、いい感じです。
 概ね皆様にも満足して頂けたと実感しております。
 ということで、さらにクレソンの増産を計画中です。

nice!(10)  コメント(1) 

総括。 [僕の酒]

1231ふきのとう.JPG
”ふきのとう”
 
 おじさん曰く「もうではじめているんですよ。」
 確実に季節があやふやになってきているのです。
 小さいですけど苦みもあり、大人の味。
 まさしくふきのとうでした。

 今年は、責任倍増したりして、忙しい一年間でしたね。
 いろんな人にお世話になりました。
 感謝、感謝です。
 それでは、よいお年をお迎えくださいませ。



 今年も僕が呑んだ イエノミ2015をまとめてみます。
 お酒の消費量、少なめでした。
 4合瓶での呑み比べが、ここ最近の傾向でしょうか。
 あくまでもイエですけど<笑>

                                      
 純米酒の部(1升瓶)・・・計8本

    菊鷹 〜菊花雪キッカユキ〜 純米 無濾過生酒 26BY 65%(静岡)
    紀土 KID 純米吟醸 春の薫風26BY 55%(和歌山)
 三十六人衆 純米大吟醸 あらばしり 山田錦26BY 40%(山形)
   星自慢 特別純米 無濾過原酒27BY 55%(福島)
   山の井 雄町50 26BY 50%(福島)
   風の森 雄町 純米吟醸 笊籬(いかき)採り26BY 60%(奈良)
   羽根屋 純米吟醸50 翼 26BY 50%(富山)
    開運 純米吟醸 山田穂 無濾過生原酒26BY 55%(静岡)


 純米酒の部(4合瓶)・・・計6本

  丸石謹製 純米吟醸 山田錦五割五分原酒27BY 55%(愛知)
 三十六人衆 純米大吟醸 山田錦26BY 40%(山形)
 三十六人衆 純米大吟醸 ひやおろし26BY 50%(山形)
 ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹ひやおろし27BY 55%(山形)
 ゆきの美人 純米吟醸 秋仕込みしぼりたて生酒27BY 55%(山形)
 ゆきの美人 純米吟醸 三郷錦27BY 55%(山形)

                                      
 焼酎の部(1升瓶)・・・計数本?
     芋 2011年仕込 三年貯蔵 本格焼酎(鹿児島)



                 
 履歴
 2014
 2013
 2012
 2011(3.11への鎮魂と体調不良のため自粛)
 2010
 2009


nice!(4)  コメント(0) 

純米酒。 [僕の酒]

1017酒.JPG
”純米酒”

   山の井 雄町50 26BY 50%(福島)
    感じるままに飲んで下さい。
   風の森 雄町 純米吟醸 笊籬(いかき)採り26BY 60%(奈良)
    風の森シリーズの中で最もスウィートな設計。
    リッチな味わいと、青リンゴの様な含み香が
    その特徴。柔らかい口あたりと複雑味ある
    味わいの余韻をお楽しみください。
   羽根屋 純米吟醸50 翼 26BY 50%(富山)
    大空に羽ばたく翼の羽音の如く
    優しく軽やかに
    凛として広がる瑞々しい味わい。
    そこはかとなく薫る甘い香りは
    虜になる罠。
   開運 純米吟醸 山田穂 無濾過生原酒26BY 55%(静岡)

 久しぶりに純米酒です。
 この所、めっきり酒量が減少しております。
 呑んでしまった純米酒を含め、手元にある4本。
 裏ラベルに記載してあったコメントを小さい文字で転記してみました。
 今までは、造り手の方のコメントは、少なかったんですけど。
 4本中3本にコメントがありました。
 代替わりや、生き残りなど、理由はあると思いますけど、
 ちょっとした思い入れのコメントを頂けるのは、いいですね。
 それぞれ、個性もありますし。



nice!(14)  コメント(0) 

そんな季節です。 [僕の酒]

0714岩牡蠣.JPG
”岩牡蠣”

 今年も巨大な岩牡蠣(三重)の季節がやってきました。
 ちょっと贅沢です。
 自分へのご褒美と言うことにしておきます。<笑>


0714香魚.JPG
”香魚”

 そしてこちらも、旬な香魚こと”鮎”です。
 このくらいのサイズだと、骨も気にならず全部食べられてしまうのです。
 美味しいかったですよ。
 お友達に感謝、感謝です。


0714つきだし.JPG
”お通し”

 数ヶ月前だったと思いますけど、あまりに素敵なお通し。
 写真に残さずにいられずに、パチリ。
 芸術の域ですよね。


nice!(6)  コメント(2) 

pickles。 [僕の酒]

0606ピクルス.JPG
”pickles★hamamatsu”

 街中の酒屋さんでゲット。
 大好きなセロリピクルスを買いに伺ったら、種類が増えていました。
 ヤングコーン、新じゃが です。
 あんまり酸っぱくなくて、優しい感じなのが良いんですよね。
 でもやっぱり、セロリが良いかも。
 お値段も量的にも手頃ですし。<笑>

 このピクルス地元産の野菜にこだわったピクルスなのです。
 店舗は、持たずに委託販売の形態だそうです。
 やけに詳しいじゃないと思ったあなた様。

 なぜ、そんなこんな情報を知ってしまっているかといいますと、
 浜松駅のマーケットで、たまたま出会ってお話したからなのです。
 僕は、ちょっとしか購入できませんけど、応援しております。

 そのほかにも埼玉の”しゃくしな漬け”、それと大好きな ”わらび醤油漬け”
 お漬け物っていいんですよね。
 ますます、お酒が進んでしまいます。(>_<)



nice!(4)  コメント(0) 

一升瓶。 [僕の酒]

0523純米酒.jpg
”純米酒”

 東京駅地下の酒屋さん。
 出張の帰りに立ち寄ることが多いんですけど、
 さすがに一升瓶を買って浜松まで持ち帰る勇気はなかったのです、
 でも、はじめてやってしまいました。
 写真でゴロンしている紀土(KID)の試飲をしておりました。
 当然、迷いなく試飲した僕です。

  お兄さん:いいでしょ
     僕:美味しいですね。
  お兄さん:こちらもどうですか
     僕:こっちの方がいいかも、和歌山でお酒っていうと、大変ですよね
       (雑賀という強い競合がありますしね・・・。)
  お兄さん:地元では厳しいんですよね。
     僕:四合瓶で試してみようかな。
  お兄さん:一升瓶じゃないと良さが分からないんですよ。
     僕:持ち帰るのに温度的に厳しいでしょ。
  お兄さん:しっかりと造っているので問題ないですよ

 という感じの会話により、一升瓶でのお買い上げとなったのでした。<笑>


    紀土 KID 純米吟醸 春の薫風26BY 55%(和歌山)
 三十六人衆 純米大吟醸 あらばしり 山田錦26BY 40%(山形)
   星自慢 特別純米 無濾過原酒27BY 55%(福島)


nice!(9)  コメント(2) 

焼酎天国。 [僕の酒]

0517焼酎天国.jpg
”焼酎天国”

 出張で北関東は高崎へ。
 そして宿にチェックインしようと思ったら・・・。
 お隣の看板に目が釘付けに。

 というのもこの日は、依頼先に振り回されたあげく、すっぽかされてしまい。
 10km近くウォーキングしてしまいました。
 ちょっと、イライラしていた僕です。

 そんな僕を癒してくれた料理屋さんでした。
 どんなお店かと言いますと、各種焼酎がざっと200種以上、
 そして気さくなお兄さん(店長)、そしてマスターこと盆栽に詳しい料理長。
 ジャズが流れていい感じでした。

 お通しが3品、ほうれん草のお浸し、冷奴、それと・・・?
 これだけで十分なくらいです。
 でもお酒が進んでしまいついついというパターンで”ヒラメの昆布じめ”
 それとどうしても食べたいという衝動に負けた”白レバー焼き”

 生ビール×1、焼酎×4
 軽い気持ちで呑みはじめたのですけど、意外と呑んでしまったのです。

 でもこれで5千円以下なのです。感謝、感謝。
 ちなみに頂いた芋焼酎は、以下です。
 鶴見 白濁無濾過(湯割り)
 六代目百合(ロック)
 みやこざくら無濾過(湯割り)
 天狗櫻(湯割り)



nice!(8)  コメント(4) 

旬。 [僕の酒]

0504桜えび.JPG
”さくら海老”

 ここ浜松でもほとんど食べることができないのです。
 高いお金をだせば食べられると思いますけど。
 近所の料理屋さんで仕入れるのは、お安く手に入った時のみのご馳走です。
 近年は、取れる量も少ないらしく、ますます希少な食材になりつつあるのだそうです。
 近所とはいえ、2ヶ月以上ぶりの訪問でした。
 そんな日にさくら海老、幸運です。( ̄ ̄ー ̄ ̄)V

 いつもは食べ呑み過ぎるのです。
 そして、ちょっと高いお会計になってしまうのです。
 という反省の気持ちもありまして・・・。

 この日は、ビール×1、純米酒×2
 さくら海老、鮪刺身、竹の子焼き×各1で終了。
 ほどほどがいいんですよね。
 お会計も樋口さん+野口さんと、いい感じでした。



 こちらの料理屋さんの帰り道、徒歩なんですけど、コンビニが2件もあるのです。
 この日も誘惑に勝てず、おむすびを買ってしまいました。
 ダメダメです。<反省>



nice!(9)  コメント(2) 

ご褒美。 [僕の酒]

0501刺し盛り.JPG
”刺し身盛り合せ”

 こちらの料理屋さんの写真をアップするのは、お初なんですよね。
 もう10年以上のおつき合いになるのでしょうか。
 僕にとって、特別で大事な料理屋さんなのです。
 親方が怖そう、お品書きに料理のお値段が書いてない。
 なんていうハードルがあったりもしましたが。<笑>

 それ以上に写真最前列の”しめさば”
 肉厚でとっても美味しいのです。
 これを頂いた時の感動って・・・。

 ちなみにしめさばの裏側には、いろんなお魚が隠れているんですよ。
 柑橘類を軽く絞って頂いたりするのです。
 あーぁ、至福の時間ですね。
 もちろん、純米酒も豊富です。
 料理に合わせて頂けるのはもちろんですけど、
 僕達のこのみも少しだけ加味してくれたりしてもらっている気もしています。
 そしてお客様の料理が一段落すると、親方とのお話がはじまる。
 そして気がつけば、浜松の少し早い終電のお時間となるのでした。
 ご馳走様でした。




0501赤電.JPG
”赤電”

 地元では”赤電”という愛称で呼ばれている遠州鐵道。
 21時を超えてしまうと極端に電車の本数が減ってしまうのが悩ましいです。
 なお、呑んだ時は、絶対に座りません、絶対です。
 最寄りのひとつ前の駅で座ってしまい、たったひと駅が耐えられずに乗り越した事があるのです。<涙>
 立っていても壁にもたれて、うとうと なんて時もありますけど、乗り越すまでには至らないのです。



nice!(9)  コメント(2) 

ふく。 [僕の酒]

0228ふぐ1 煮こごり.JPG
”煮こごり”


0228ふぐ2 刺し身.JPG
”ふぐ刺し”


0228ふぐ3 白子.JPG
”白子焼き”


0228ふぐ4 醤油焼き.JPG
”醤油焼き”


0228ふぐ5 から揚げ.JPG
”から揚げ”


0228ふぐ6 皮.JPG
”ふぐの皮”


0228ふぐ7 皮.JPG
”皮”


0228ふぐ8 ちり鍋.JPG
”お鍋”


0228ふぐ9 雑炊.JPG
”雑炊”

 ハードワークが続いた2月でした。
 そんな中、諦めかけていた”ふぐの会”。
 なんとか参加する事ができました。
 なお、参加できるできないでご迷惑をかけてしまいました。
 ごめんなさい。

 ふぐ、ふく、呼び名は、おいといて、
 時期的には、後半ぎりぎりでしょうか。
 写真の通り、白子も大きくなってましたし。
 大きければ良いと言う物じゃ、ないんですよね。
 でも、とっても美味しいのは、事実なのです。<笑>

 はじめの”煮こごり”だけでも、軽く1合いけてしまいますね。
 お刺身で1合、白子で1合・・・。

 自分へのご褒美と言う位置づけでの参加。
 しかも酒屋のレアなお酒を持ち込みながらのお食事会。
 でもでも近年は、お食事会をさっさと切上げ2次会という流れのようです。
 僕は、翌早朝からの大人の事情で参加していませんけど、
 美味しいものは、ゆっくりと味わい贅沢な時間の流れを感じていたい。
 そんな気もしないでもありません。
 参加した皆様にとっては、身近な食材なのでしょうか?
 次回から、どうしようかな。
 贅沢な悩みでしょうか?


 呑んだと思われる純米酒
 ゆきの美人 純米酒 しぼりたて生(秋田)
  明鏡止水 吟醸酒 (長野)
   瀧自慢 酒門純米酒 PROUD 〜春の目覚め~ 槽口直汲生原酒(三重)
   喜楽長 特別純米酒(滋賀)
   都美人 山廃純米 陽光ひのひかり(兵庫)
   奥播磨 山廃純米 袋吊り 雫酒(兵庫)
  残草蓬莱 五百万石 槽場直詰生原酒(神奈川)
  岩木正宗 奥津軽 純米大吟醸(青森)などなど
nice!(6)  コメント(2) 

おまもり。 [僕の酒]

0211純米酒.JPG
”酒難除”

 来宮神社(きのみやじんじゃ)のお守りをお友達から年初めに頂きました。
 ありがとうございます。でも、ちょっとユニークなお守りですよね。

 酒難に見舞われたその時(壊れかかった時、記憶をなくした時などなど)
 きっと御利益があるはずなのです。
 でも、お世話にならずに済めば、それはそれで御利益があったと言う事です。
 お酒は呑んでも、決して呑まれてはいけないのです。
 僕が言うと、説得力に欠けますけど<笑>

 どうか今後も美味しいお酒と料理が頂けますように<祈>


    菊鷹 〜菊花雪キッカユキ〜 純米 無濾過生酒 26BY 65%(静岡)




 追伸
 セブンイレブンの ”生どらやき” にはまりつつある僕です。


nice!(6)  コメント(2) 

総括。 [僕の酒]

1229Lucky.JPG
”Lucky YEBISU”

 今年は、残念なことがあったのです。
 東京は、小川町でお世話になっていた料理屋さん。
 今年の夏に突然、閉店となってしまったのでした。
 写真は、ずっと前にカウンターの端に置いてあった”Lucky YEBISU”
 あぁー、残念です。
 長く続ける事って難しいんですよね。

 それと、99年からの愛車、オールドミニを手放してしまったのも・・・。
 でも、現代の車の進化、便利さも捨てがたかったのですよ。

 余談ですが ”形あるもの、いつかは壊れる”
 という亡母の言葉を思い出してしまいました。
 諸行無情です。
 
 気を取り直して、僕が呑んだ イエノミ2014
                                      
 純米酒の部(1升瓶)・・・計15本

  悦 凱陣 無濾過 オオセト純米酒25BY 60%(香川)
     梵 無濾過生原酒(特別限定純米大吟醸)25BY 50%(福井)
   風の森 ALPHA TYPE1(無濾過加水生酒) 25BY 65%(奈良)
    正雪 純米大吟醸 雄町(生)25BY 45%(静岡)
   〆張鶴 しぼりたて生酒 原酒 %表記なし(新潟)
    義侠 純米原酒 特別栽培米25BY 70%(愛知)
  亀齢萬年 山田錦25BY 60%(広島)
  秋とんぼ 山廃 山田錦 25BY 80%(神奈川)
    開運 純米ひやおろし26BY 55%(静岡)
   奥播磨 山廃純米 佐背式袋吊り雫酒 責め25BY 55%(兵庫)
    雑賀 雄町純米吟醸 ひやおろし26 BY 55%(和歌山)
    黒龍 ひやおろし26BY 65%(福井)
  会津中将 純米吟醸 ひやおろし26BY 58%(福島)
   志太泉 純米吟醸 入魂山田錦 25BY 55%(静岡)
 ゆきの美人 純米吟醸 山田錦 25BY 55%(秋田)

                                      
 焼酎の部(1升瓶)・・・計3本

   池の露  本格焼酎(熊本)
  八千代伝 黄色い椿 安納芋仕込み 本格焼酎(鹿児島)
   池の露 紅はるか 本格焼酎(熊本)

                                      

 皆様には、今年もお世話になりました。
 感謝、感謝です。
 それでは、よいお年をお迎えくださいませ。


                 
 履歴
 2013
 2012
 2011(3.11への鎮魂と体調不良のため自粛)
 2010
 2009



nice!(4)  コメント(2) 

最後かな。 [僕の酒]

1224純米酒1.JPG
”純米酒”

 今年最後のお酒だと思われます、多分。
 それなりにお酒を呑む事ができて良かった今年ですよ。
 それなりにですけど。

 今年、お酒の会でお世話になりました”志太泉”
 完全な衝動買いです。
 本命は、志太泉さんで作ったサッパリ、スッパ系
 そんな梅酒を買いに来たんですけどね。

 (なので”志太泉 純米梅酒 梅丸”もお買い上げしましたけど。)

 最近は、僕の人生も”ちどりあし”な感じです。
 落ち込んでいる訳じゃありませんよ。

 話を変えまして今回の純米酒ですけど、
 去年の今頃に”愛山”を呑んで美味しかったので、
 今回は、山田錦の”ゆきの美人”うぃお買い上げしてしまいました。
 こちらもまだ呑んでいませんけど、美味しいと期待してます。

   志太泉 純米吟醸 入魂山田錦 25BY 55%(静岡)
 ゆきの美人 純米吟醸 山田錦 25BY 55%(秋田)



nice!(7)  コメント(2) 

ご褒美。 [僕の酒]

1223金剛心1.JPG
”ゆるぎない一元の心”

 ”自分へのご褒美”というと聞こえは、良いかもしれませんけど。
 今年は、現実逃避(飛)行があまりできなかったんですよね。
 なのでマイレージを消費して、以下の純米酒を注文してしまいました。
 なお、注文後に直ぐに届くのでなく、忘れかけた12月はじめに到着しました。
 年に数回の特別な酒だからだと思いますけど。
 ちなみに11月に発売されるのは黒の瓶、6月発売されるのはブルーの瓶だそうです。

 つぶやき
 現地に赴き、地の食材と一緒に呑む純米酒。
 どんなに高価で美味しいお酒でもかなわないのですよね。
 当然、時化でお魚がダメな時もあったりしますけど。
 それはそれで、いいんですよ。

 箱を開けて見ると、
 上の写真のような案内冊子と朱文字。
 高価な感じが漂う黒色の瓶。
 開封する時からの雰囲気づくりって大事かも!
 それなりに期待感がありますよね。
 まだ、開栓していませんけど。<笑>

      八海山 純米大吟醸 金剛心25BY 40%(新潟)

1223金剛心2.JPG
”金剛心”




nice!(5)  コメント(2) 

お酒の会。 [僕の酒]

1214黒龍1.JPG
”黒龍”


1214黒龍2.JPG
”はじまり”


1214黒龍3.JPG
”お造り”

 特別だったお酒の会、黒龍の会、でも黒龍のお値段が高くなるにつれ。
 大人の事情と言いますか、料理屋さんの財政状況と言いますか。
 黒龍のみのお酒の会から、コラボ純米酒も含んでのお酒の会になりました。
 ちょっと残念ではありますけど、
 お酒が呑み足りないという悲惨な状況だけは、ごめんですし。
 他の純米酒も美味しいものは、美味しいのです。
 なので、これはこれでアリなんですよね。
 ちなみに黒龍は、石田屋、仁左衛門、ハイ十八号でした。


 なお、最初の写真、ボトルキープじゃないですよ<笑>
 当日参加できなかった友人のためになのか、どうかわかりませんが、
 次の週、その友人と一緒にお邪魔した時、おこぼれに預かってしまったのでした。
 まぁ、瓶の風格、雰囲気なのか高級感が漂ってますよね。
 美味しくない訳がないですよね。



nice!(8)  コメント(2) 

ひやおろし。 [僕の酒]

1208ひやおろし.JPG
”またまた”

 今回も ”ひやおろし” です。
 なんかこの言葉に僕は、ひかれてしまうんですよね。
 特別とか、限定とか、プレミアムなんかと一緒の部類でしょうか。
 実際に数量が少ないという事もあるんですけど。

    黒龍 ひやおろし26BY 65%(福井)
  会津中将 純米吟醸 ひやおろし26BY 58%(福島)

 黒龍は、まだ開栓していませんけど、
 右の会津中将は、残り親指1本分の水位レベルです。<涙>
 今日は、久しぶりの休肝日です。
 多分、休肝日、休肝日だと思う、休肝日にはず。
 休肝日、休肝日・・・。



nice!(3)  コメント(2) 

ひやおろし。 [僕の酒]

1206ひやおろし.JPG
”ほんとの”

 ”ひやおろし”を待っていられず7月に昨年のひやおろしを購入。
 ”古酒ひやおろし”という事になるんだろうと思いましたけど。
 という事で今年の春夏を越した本当の”ひやおろし”です。
 それと僕の大好きな山廃の計3本です。

    開運 純米ひやおろし26BY 55%(静岡)
   奥播磨 山廃純米 佐背式袋吊り雫酒 責め25BY 55%(兵庫)
    雑賀 雄町純米吟醸 ひやおろし26 BY 55%(和歌山)

 3本とも美味しかったですね。
 現時点ですでに呑んでしまったという事なんですけど。
 「美味しいお酒って、直ぐに空けてしまうんですよね」と、
 訳の分からない吞ん兵衛の特有な言い訳を口ずさんでしまう僕なのでした。<笑>
 誰にも責められたりする訳でもないんですよ。



nice!(3)  コメント(2) 

お魚。 [僕の酒]

1026甘鯛お松笠揚げ.JPG
”甘鯛松笠揚げ”

 ここ浜松に来てから、食べる機会が増えたのが、
 こちらの高級魚、甘鯛。
 お刺身、昆布ジメはもちろんですけど、この松笠揚げも美味しいんですよね。
 うろこのサクサク感と、ほろほろほぐれる柔らかい白身、そして上品な味わいが、
 なんとも言えないんですよね。
 美味しい料理で呑む純米酒。
 あぁー、最高ですね。

 その他によくお世話になっているお魚と言えば、
 サバ(しめ鯖)、よく食べてますね。
 それと、カツオでしょうか。
 カツオの消費量、浜松って意外に上位なんですよね。
 新鮮なカツオが入っている時は、「お刺身、皮付き、にんにくスライスでみたいな」
 わがまま注文してしまったり。

 それと、カツオと言えば、地元でも超レアな ”もち鰹”
 なので滅多に食べられませんけど、
 ねっとりとした食感は、同じカツオとは思えません。
 僕も数回しか食べてませんけど。

 以上、僕の普段お世話になっているお魚の紹介でした。



nice!(11)  コメント(0)